Yahoo!ブックマークに登録

就労ビザについて
ph14

【就労ビザとは?】
外国人がカナダで働くためには、原則としてカナダの就労ビザを取得する必要があります。会社からのジョブオファー(雇用オファー)があればまず、会社がHRDSC(カナダ人材技能開発省)に申請をする必要があり、許可を受け次第、カナダ移民局(CIC)への申請となります。就労ビザ発行のプロセスはHRSDCとCICの共同作業です。まず HRSDC がカナダ労働市場への影響の有無を判断し、CIC は HRSDC の意見を基にビザ発行の最終決定を下します。 HRSDC、CICのカナダ国内雇用に関する基本方針は、あくまでもカナダ人優先です。申請の際にカナダ雇用主がカナダ人雇用の為の努力をしたが、適当なカナダ人が見つからなかったという証明が必要になります。

【就労の定義】
カナダ移民法の定義では、就労とは労働の対価として賃金、コミッションなどの報酬を受け取る場合をいいます。また、営利企業でボランティアをすることもカナダ国籍、永住権保有者の雇用に直接影響を与えるため、一種の就労行為とみなされます。

申請方法
ビザ取得の流れ 1.スポンサーを見つける
もしあなたに企業のスポンサー(雇用オファーをしてくれる会社)がいれば、就労ビザの申請をするチャンスです。ビザ取得の際のポイントは2つ、「外国人であるあなたが、企業とカナダへ貢献できる存在かどうか」、「企業自体がカナダに対して貢献できる存在かどうか」です。 どちらかでも証明する事が出来れば、就労ビザ取得は現実的になるでしょう。 ワーキングホリデービザでカナダ入国を考えているのであれば、ビザをお持ちのうちに、自分の能力を生かした仕事先を見つけ、企業に貢献し、スポンサーになってもらう事で、ワーホリからワークビザへの変更がスムーズに進む可能性があります。
ここではスポンサーである企業での仕事経験がポイントになってきます。
2.HRSDCに申請する
就労ビザの申請は雇用主である企業が行います。まず、所定の申請用紙に企業の事業規模、事業内容を書き、さらになぜ、あなたを雇用する必要があるのかを明確に示す必要があります。これらの書類をHRSDCに申請し、申請が通った場合、LMO(Labour Market Opinion)と言う、あなたを雇う事に対しての判断書が発行されます。
3.ワークビザの申請
HRDCからLMOが降りたら、これを元に在外カナダ大使館(ニューヨークなど)へワークビザの申請をします。HRDCからLMOが出たとしても、ワークビザが100%下りるわけではありません。きちんと申請書類を揃え、申請する必要があります。
4.許可が下りたら
カナダ大使館から許可が下りたら、カナダ国境まで行き、一度出国後、CIC(カナダ移民局)にて許可書類を提出し、正式にワークビザを取得します。

このように、決して少なくいステップを踏み、ようやくビザを取得することができます。
今なんとなく「海外で働いてみたい」、「仕事をしながら、海外で暮らしたい」と思っているだけでは、ビザの取得は大変難しいでしょう。どこの国でも不況が話題になっている今、カナダ人でさえ、仕事を見つけることが難しくなってきています。もし、カナダでの就労を考えているのであれば、できるだけ確実に取得できるプランを前もってしっかりと立てる必要があるでしょう。

その他の就労ビザ
これからご紹介するビザの種類は、スポンサー(ジョブオファーをしてくれる雇用先)がいなくてもワークビザを申請することができるものです。

就労ビザの種類 1.Post Graduate Work Permit
スポンサーがいなくても最大3年間働くことができる場合があります。 それがこのPost Graduate Work Permitです。 カナダの大学、カレッジで8か月以上のフルタイムコースを修了した学生に与えられるオープンのワークビザの事で、就学期間に応じて8か月から最大3年まで取得ができ、転職も可能になります。 学校からのコース修了を証明するレターまたは成績証明書発行から90日以内に申請すること、及び ビザ申請時に有効な学生ビザを保有していることが条件です。
2.Co-opビザ(Co-op Work Program)
このワークビザは、学校でのカリキュラムの中で就労が義務付けられている場合にのみ有効で、カリキュラムの内容と全く別の一般の就労には無効となります。
3.オフキャンパス・ビザ
Off-campus Work Permit のプログラムに参加している大学、カレッジにフルタイムで通っている学生が対象となるワークビザです。入学後6ヶ月以降から申請が可能で、就学期間中は最大週20時間、夏季・冬季の休暇中はフルタイムでの就労が認められています。また、学校側が定める成績を収めていることが条件です。※2014年6月1日から学生ビザでの就労ルールが変わり、6ヶ月以上フルタイムで大学やカレッジで勉強をされる方は20時間以下ならキャンパス外でも働ける事になりました。このルールはPrivate Career Collegeに登録されている学校で学位(degree, diploma, certificate)を取得する場合にも適応されますが、General Englishなどのコースを受講する方には適応されませんので、お気を付け下さい。
4.オンキャンパス・ビザ
公立の大学、カレッジ、一部の私立学校にフルタイムで通っている学生が対象で、学校キャンパス内での就労が認められるものです。
5.学生向け配偶者ビザ
配偶者が、学生ビザ、もしくはワークビザをお持ちの場合は、その配偶者がオープンワークビザを取得することが可能になります。
6.ワーキングホリデービザ
最長1年間滞在でき、期間内であれば就労も就学もできるというビザです。対象は18歳から30歳までで、以前にこのプログラムを利用したことがないという事が条件です。
お問い合わせはこちら

DeowContact