Yahoo!ブックマークに登録

コミュニティ通訳士試験対策講座

コミュニティ通訳士になるには
コミュニティ通訳士は、医療や福祉、教育、司法など様々の公共サービスの場で、公用語を第一言語としない方に通訳サービスを行います。特に医療や司法の通訳は内容の専門性も高いため、トロントの位置するオンタリオ州では州公認の通訳士認定制度があり、CILISAT(Cultural Interpretere Language and Interpreting Skills Assessment Tool)ILISAT(Interpretere Language and Interpreting Skills Assessment Tool)の2種の資格があります。

CILISATとILISATとは?
CILISAT (Cultural Interpretere Language and Interpreting Skills Assessment Tool)はカナダ移民局が、またILISAT (Interpretere Language and Interpreting Skills Assessment Tool)はオンタリオ州移民局が実施するテストとなります。 ILISATはCILISATよりも依然から実施されており、コミュニティ通訳士の資格の草分けとし認知されています。

CILISATとILISATのテスト概要
CILISATとILISAT、両テスト共に「サイト・トランスレーション」と「逐次通訳」の2パートで構成されています。

サイト・トランスレーション

サイト・トランスレーションとは、紙に書かれた一定の長さの文章を口頭で通訳する手法です。英語で書かれた文章をみて、日本語に訳しながら読みます。文章は手術同意書や出生証明書などからの公的文書からの出題となります。

逐次通訳

逐次通訳とは、異なる言語を話す2つのグループ(もしくは2人)の間で行われる会話を通訳していく手法です。このパートでは、英語と日本語の間に入り交互に訳していく必要があるので十分な練習が必要です。会話の例として、英語話者の医師と日本人患者の病院での会話などが挙げられます。

試験の形式と費用

試験は「サイト・トランスレーション」と「逐次通訳」の両パート合計で約1時間30分程度、費用は$195(税込)です。全ての試験において辞書の使用は認められていません。サイトトランスレーションのテストでは、メモをとるることのみ認められています。

各パート共に正答率75%以上で合格となり、合否結果は4-6週間で通知されます。テスト合格の際は Certificate が発行され、結果とともに受験者宛に郵送されます。不合格の場合は、最初の受験日から3ヶ月経過後に再受験が可能です。再受験の場合は、再度の試験予約及び受験費用の$195(税込)が必要となります。

プログラムについて
オンタリオ州移民局公認の通訳士試験ILSATのテスト対策を中心に、日常生活でも十分役立つトピックについて通訳・翻訳スキルを磨きます。当プログラムでは生活に密着したトピックを扱い、通訳・翻訳にもともと興味のある方のみでなく、スピーキングやリスニングを強化したい方にもお勧めのプログラムです。

コース詳細
受講可能レベル 高校卒業の17歳以上
中級~上級レベルの英語力
※希望する学校によって入学条件は異なります。詳しくお問い合わせ下さい。
取得可能資格等 ・学校からのサーティフィケート
・プログラム終了後CILISATとILISATに合格後コミュニティ通訳士資格取得
プログラム期間 8週間
プログラム 内容 Immigration & Refugee
Social Assistance
Law
Business/Banking
Medicine
Sight Translation
Dialogue Interpreteing
受講された生徒様の声 クラスを受講して驚いたのは、英語の内容がわかっていても日本語に訳すのは容易ではなかった事です。このプログラムを通してより正確な訳ができるようになりました。先生はとても熱心で、細かい質問にまで親切に対応してくださるのでとても感謝しています。このプログラムで日英両言語の違いを学ぶとともに、リーディングと語彙力を飛躍的に伸ばす事ができ、難しい内容の新聞もスラスラ読めるようになりました。

コミュニティ通訳士試験対策講座を開講している学校一覧

umclogo
Upper Madison College
5075 Yonge St. 5F, Toronto, ON M2N 5K1

学校情報はこちら>>

お問い合わせはこちら

DeowContact