Yahoo!ブックマークに登録
カナダの大学に進学する

・カナダの中でも最も安全な都市です。

・世界トップレベルの大学、研究所、留学生があつまる学生に魅力的な街です。
・多様な人種から成っている国際都市。世界的な視野を身につけられます。
・日系を含めた世界の大手企業の北米本社が集まる経済都市で、キャリア留学、社会人留学にもオススメです。
・世界第2位の生活しやすいと評判の高い街で、日本の生活水準を保ったまま比較的割安に生活できます。

attachment

カナダの大学へ進学するメリット
・英語を学ぶのではなく英語で学ぶことでより高い英語力を身につけることができる
・異なるバックグラウンドを持つ学生たちと一緒に学ぶことで異文化を理解し日本人には無い視点を学ぶことができる。
・英語で専門的な学問を学ぶことで卒業後の進路が世界各国に広がる。
・アメリカと比べ学費が安い。
・トロントの大学は世界トップレベルなので、日本の大学よりも高い教育が受けられる。

大学進学について

A.カナダの高校卒業→カナダの4年生大学へ

Aの方法 Aの方法は、現地の高校を卒業して4年制大学に入学するという方法です。この場合は、現地の高校の成績を使って直接大学に入学することが出来るという点に加えて、現地の大学の情報を得やすく、スムーズに進学が出来るということが言えます。

高校生の時に初めて留学を考え始めた、という方や、高校は日本の学校を卒業して、大学から留学をしたいと考えている方も多いでしょう。日本の高校を卒業してからバンクーバーの大学に入学する方法もご紹介します。

B.日本の高校卒業後→カナダコミカレ→カナダ4年生大学編入

Bの方法 これは、日本の高校を卒業した後、コミュニティカレッジ(短期大学)に入学し、その後4年制大学の2年次、または3年次に編入するという方法です。コミュニティカレッジは4年制大学よりも入学の条件が緩いことが多く、TOEFLの点数や高校の成績、または自分の英語力にまだ自信がないという方におすすめです。そして、ほとんどのカレッジは4年制大学よりも学費が安いため、4年制大学に入りたいけれど4年間通うには学費が高すぎる、と考えている方には学費の節約にもなるのでおすすめです。また、ある程度の英語力があればカレッジに直接入学することも出来ますが、学校の条件に英語力が満たないという方は3ヶ月~1年程英語集中コースに通って 英語力を付けてから、カレッジに入学するこという方法もあります。 

C.日本の高校を卒業→カナダ4年生大学

Cの方法 そして、3つ目の方法は、日本の高校を卒業してから直接4年制大学に入学するという方法です。この場合、高校での成績・TOEFLの点数・エッセイなど、大学側が求める高い条件を満たしていることが必要です。入学してすぐに現地の学生と同じ位の英語力や理解力を求められるので戸惑うこともあるかもしれませんが、1年生から4年制大学で質の高い授業が受けられるということで、英語力に自信のある方にはおすすめです。

☆それぞれのメリット
A. 進学がスムーズ、現地の情報が手に入る
B. 学費の節約が可能、英語力を付けてから大学に進学できる
C. 1年生の時から質の高い授業が受けられるその他にも、日本の大学やその他の国の学校からの編入など、人によって4年制大学に入学する方法は様々です。
また、編入先の大学によって必要な条件なども異なります。

カナダの大学の入学時期
attachment1

9月と1月の年2回の入学時期となります。(学校によっては5月に入学できるところもあります)。一般的には9月に入学しますが、カナダの大学には入学式ありませんので1月または5月に入学をしても全く問題はありません。

2014年−2015年度 留学生出願締切日

《University of Toronto》

・9月入学(Fall Term):2014年1月31日

《York University》

・9月入学(Fall Term):2014年2月5日

 

平均的なカナダの大学の学費

attachment2

1年間の学費の平均は185~330万円程になります(1ドル95円計算)。

(学費の例)

University of Toronto(U of T)
$35,283
(年間)
York University
$19,575.90
(年間)

☆奨学金について
1.大学の出している奨学金へ応募する
入学時奨学金、学部ごとの奨学金など様々な奨学金がある。しかし条件を満たした者しかもらえない。
2.日本国内の奨学金へ応募する
①日本学生支援機構→短期・長期・給付型・貸付型など様々な種類の奨学金がある。貸付型であれば書類審査のみで応募可能。給付型は書類審査と面接審査がある。
②その他、各自治体などで奨学金を出しているところもある。

大学への出願方法

大学の定めた入学基準を満たし、希望する大学のHPで申し込み後、高等学校卒業証明書、TOEFLの証明書などを含む書類を提出期限内に提出することが一般的です。

☆出願から入学までの流れ
1. 情報収集:まずは興味のある大学の情報を集め
カナダには多くの大学があるので学部や学費などについてしっかりと情報収集をして自 分の目的に合った学校を見つけましょう。また、ビザの情報やカナダについても理解しておくことが必要です。

次

2.入学手続き:学校を決めたら余裕を持って手続きを

 

入学を決めたら入学手続きに移ります。手続きの際は自分が入学基準を満たしているかどうか(TOEFL・IELTSなどのスコアや、資金について)、また願書の締切日等をきちんと確認しましょう。
入学手続きに辺り、デポジットとして授業料の一部を納入する必要がある学校もあります。
入学手続きが完了するとアクセプタンスレター(入学許可書)が届きます。Study Permit(就学許可書)の申請に必要になるので大切に保管して下さい。そして、手続きと同時に渡航の計画もしっかりと立てましょう。

次

3. 渡航準備:ビザ、航空券、予習など
入学許可書が届いたら渡航に向けて準備を進めましょう。
・カナダの就学に必要(6ヶ月以上の場合)なStudy Permit(就学許可書)の申請
・航空券の手配
・渡航先での滞在場所の確保
・英語や航空学に関しての予習
他にも予算の確認など渡航に向けて余裕を持って準備をしておくと良いでしょう。

次

4. カナダ入国・大学での学生生活スタート
カナダに入国し、学生生活がスタートします!!!

大学での滞在先(寮など)

それぞれの大学ごとに寮などの指定の宿泊施設を持っている場合もあります。またホームステイ先の紹介等もしている学校もあります。

寮での生活は他国の学生も含めての共同生活となるため、楽しく友達もすぐにできるでしょう。その反面、大学の学科は英語で学び、また現地の学生にも手がかかる宿題がたくさんでますので寮での勉強は難しいかもしれません。大学の図書館を使うか、ホームステイや学外で部屋を探すなど勉強ができる環境をしっかり確保しましょう。

お問い合わせはこちら

DeowContact